無料ブログはココログ

« 風邪予防 | トップページ | 二つの第九 »

子供たちへ…

P10303561_3

↑家の窓から見る日の出前の風景。静けさの中に何かが起こりそうなワクワクした期待感溢れる朝の風景ですね。

日曜日はちょっと早起きでした。

というのも、とある学校でのミニコンサートの日ピアノの池山洋子ちゃんと共に行ってまいりました。

  プログラムは・・・

     ヘンデル: 『リナルド』より“私を泣かせてください”

             『ジュリアス・シーザー』より“辛い運命に涙があふれ”

     ショパン: アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

            ワルツ第2番、ワルツ第7番

     山田耕筰: この道、待ちぼうけ

     武満徹: ○と△のうた、翼、昨日のしみ

     レハール: オペレッタ『パガニーニ』より“愛、この世の天国”

一時間のコンサートのつもりが、お話も含めて、のびのびになってしまいました。『音楽でめぐる世界』と題して、皆さんにいろいろな音楽を聴いていただきました。数え切れない音楽の中からほんの一部ですが、それでも音楽の持つ大きな世界観を感じることができたのではないかと思います。先生の方からぜひウィーンのクリスマスのお話をしてくださいとのリクエストがありましたので、ウィーンのクリスマスにまつわる写真を用意し、スライドに映しながらお話もしました。私たちとっては懐かしのウィーン、その風景を思い出しながら、子供たちと共にとてもいい時間を過ごすことができました。

4681_2

↑これは今年のウィーンの風景。12月に入って気温がぐんと下がり、とっても寒いそう…

私たちの演奏の後、子供たちがお礼に…との合唱のプレゼントをしてくれました。小学生と中学生、それぞれの音楽クラブの演奏、それはそれは感動でした。小学生の合唱は透き通ってハツラツとした声に愛らしさがポイント、中学生もやっぱり透き通った美しい声、でも自らいい音楽を作るんだ!という意思に満ち溢れていて、出てくる音楽は本当に心を打つものがあり、聴いてたら涙がポロポロと溢れてきました。横に座っていた洋子ちゃんは号泣・・・泣きすぎ!でもね、心を揺さぶる音楽って本当にあるんですよ。

じっと演奏を食い入るように聴いている子供たちの姿、素晴らしい演奏を披露してくれた子供たちの姿を見ながら、子供たちの持つ大きな可能性を感じずにはいられませんでした。ちょっと暗い話題の多い最近の世の中だけれども、大人が子供たちの未来を摘むようなことは決してしてはならないな・・・なんて、そんなことまでも考えさせられた日でした。よし!頑張ろう!!

↓久しぶりに日の目を見た地球儀くん。地球は丸いぜ!

P10303581

« 風邪予防 | トップページ | 二つの第九 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちへ…:

« 風邪予防 | トップページ | 二つの第九 »